カテゴリー別アーカイブ: 映画

映画「マエストロ!」レビュー・感想 ~オーケストラ&ヒューマンドラマ~


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
1月31日から封切の「マエストロ!」を観てきました。
封切初日でしたので20:45~21:05のレイトショーでも大入り、人気の程が伺えます。
期待感高揚いざ映画鑑賞~と意気込んで観てきました。
ネタバレにならぬよう書きます。

今、奏でられる「人生の交響曲」

映画「マエストロ!」レビュー・感想

映画「マエストロ!」公式サイト
いいや~この映画はええわ~
ええ名作のクラッシック音楽も聴けるだけやない。
心情に迫るヒューマンドラマですやん。
西田敏行が怪しげな謎の指揮者役にピッタリはまりこんでいる。
関西弁、横柄、下品さを漂わせながらもプロ根性、人情味を醸し出す。
西田敏行の顔つき、躍動感のある指揮、演技すべてが圧巻で激震が走ります~
やるなあ西田敏行、この映画を魅了してやまない。

西田敏行が謎の指揮者を熱演

そして、シンガー・ソングライターのmiwa初女優でありながら、完璧な演技。
音の天性があるのかフルートも関西弁も完璧なイントネーションでいけてる。
完璧にヒロイン役を演じ、映画にアクセントをつけてる。
西田敏行とmiwaの熱演が圧倒的に光った素晴らしい映画やん。

miwa映画初出演でフルートを奏でる

謎の西田敏行の言動がおもしろいし、miwaもいいキャラクター役を見事に演じている。
オーケストラの面々も味わい深い。
人情味あふれるヒューマンドラマにクラッシック音楽の交響楽団が合わさり、熱き情熱を醸成する。
ようできた映画ですやん。
「誰かと響きあえたら一瞬が永遠になんねん」
うん、うん、なりましたよ~

映画マエストロ!西田敏行熱演

コンサートシーンの「運命」と「未完成」はベルリン・ドイツ交響楽団の音。
そしてエンディングテーマ曲を辻井伸行が奏でる。
こりゃ~映画館の大音響で観なあきませんでぇというおすすめの映画です。

映画マエストロ!ポスター

◆以下、映画「マエストロ!」Yahoo!映画より

(解説)
漫画家さそうあきらが手掛けたコミックを基に、不況のあおりで解散したオーケストラの再起を若手コンサートマスターと謎の指揮者を中心につづる感動のドラマ。
コンサートマスターに松坂桃李、指揮者に西田敏行がふんし、寄せ集めの演奏者たちが破天荒な指揮者を前に一転、復活のコンサートを目指し奮闘するさまを笑いと涙を交えて描き出す。
メガホンを取るのは、『毎日かあさん』などの小林聖太郎。随所に登場するクラシック音楽のトリビアや、松坂と西田がそれぞれ挑む楽器演奏と指揮にも期待。

(あらすじ)
若手コンサートマスターの香坂(松坂桃李)は、不況の影響によって解散したオーケストラの再結成に携ることに。
しかし、練習場に現れたのは再就職先が決まらない演奏家たちで、久々の音合わせもうまくいかず前途多難な雰囲気が漂う。
そこへ怪しげな男、天道(西田敏行)が登場。天道による常軌を逸した指揮にもかかわらず、楽団員たちは自信を取り戻していき……。

映画「マエストロ!」の独自評価は★★★★☆(5段階評価で4)

★最近観に行った映画(当ブログ記事)

【映画レビュー・感想】「神様はバリにいる」元気になる開運ムービー

映画「96時間レクイエム」観てきました!

【映画レビュー・感想】 「海月姫」!楽しく、元気を与えてくれるいい映画

【映画レビュー・感想】 「ゴーン・ガール」を観た

【映画レビュー・感想】「チェイス!」インド アクション&ヒューマンドラマ

~ランキング参加中。クリック応援ありがとうございます~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


【映画レビュー・感想】「神様はバリにいる」元気になる開運ムービー


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
1月17日から封切の「神様はバリにいる」を映画館に観に行ってきました。
疲れてるから元気もらおうかと、今週はこの映画やなと決めました。
ネタバレにならぬよう書きます。

自分を変えたい大人たちに捧げたい開運ムービー

映画「神様はバリにいる」レビュー・感想

大富豪とは、知性、品性、エレガンスを兼ね備えた人物・・・
という謡とはちょっとほど遠い感じがする豪快な大富豪アニキ(堤真一)。
大阪弁をちと下品に豪快につこてくれるやん。
ポジティブシンキングというか底抜けに明るい。
ダジャレはしょうもないが、豪快に快活に笑うアニキ。
そんなアニキのもとに借金苦でバリに逃げて来た女性、祥子(尾野真千子)が大富豪になる秘訣を教わるというストーリー。
やりとりが、おもろい。
笑えるコメディ映画やけど、随所にアニキの人を幸せにしたい、人のために尽くしたいという姿勢が垣間見えてくる。
借金苦で自殺しに来た祥子にさわやかさが足りん、悲壮感漂わせた顔があかんなどずけずけと指導していく。
ハチャメチャなところもあるが、なんか楽しい。
アニキの教えを実行していく祥子がイキイキとしてくる。
バリの人は街の至る所に神様がいると信じて敬う、感謝の達人やという。
人を信じて、人に尽くす快活なアニキの姿勢からは教わること多いやん。
ええ映画やなあ。堅苦しくなく、笑いをとりながら人生のあるべき姿が見えてくる。
そこにずっとおったら何も変わらへんで!行動あるのみ。
いきずまってるなら、今が辛かったら、変わりたかったらアニキの映画観てみいと言いたい。
元気をくれるええ、映画でした。
堤真一、尾野真千子が熱演、ええ演技してます。

アニキ語録よろしおまっせ
アニキ語録

映画「神様はバリにいる」公式サイト

神様はバリにいるポスター

◆以下、映画「神様はバリにいる」Yahoo!映画より

(解説)
ハウツー本「出稼げば大富豪」をベースに、バリ島に暮らす日本人大富豪が独自の人生哲学で周囲の人々の人生を変えていくさまを描いた人情コメディー。
『デトロイト・メタル・シティ』などの李闘士男監督がメガホンを取り、怪しい雰囲気漂う風貌でありながら周囲からの信望の厚い男を堤真一が怪演する。
共演には『そして父になる』などの尾野真千子、『幕末高校生』などの玉木宏、初めて本格的な演技に挑戦するミュージシャンのナオト・インティライミらがそろう。

(あらすじ)
婚活ビジネスが失敗に終わり借金を抱えた祥子(尾野真千子)は、訪れたバリ島で日本人の金持ちであるアニキ(堤真一)と知り合う。
何となく怪しい雰囲気を持つアニキだったが、現地の人々からは厚い信頼を寄せられていた。
祥子は再起を図るためアニキのもとで金持ちになるための人生哲学を学ぼうとするが、あまりに型破りな教えに疑念を抱くようになり……。

映画「神様はバリにいる」の独自評価は★★★★☆(5段階評価で4)

神様はバリにいるチラシ

★最近観に行った映画(当ブログ記事)

映画「マエストロ!」レビュー・感想 ~オーケストラ&ヒューマンドラマ~
映画「96時間レクイエム」観てきました!
【映画レビュー・感想】 「海月姫」!楽しく、元気を与えてくれるいい映画
【映画レビュー・感想】 「ゴーン・ガール」を観た
【映画レビュー・感想】「チェイス!」インド アクション&ヒューマンドラマ
~ランキング参加中。クリック応援ありがとうございます~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


映画「96時間レクイエム」観てきました!


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
三連休の皆さま、エンジョイしましょうね。
今年初の映画は、1月9日から封切の「96時間レクイエム」を観に行ってきました。
リーアム・ニーソン好きなんですよね。渋かっこいい親父!
96時間は前2作とも観ていて、本3作目を首を長~くして待ちに待っていた映画なのです。
気合い入れて映画館に出陣してきました。
ネタバレにならぬよう書きます。

誰よりも娘を愛する男がいる
家族のために闘う男がいる
≪無敵の父親≫最後の闘い

映画「96時間レクイエム」を観た感想・レビュー

リーアム・ニーソン主演映画「96時間」のシリーズ第3作。
無敵の元CIA工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)は娘をこよなく愛す父親。
妻とは別れ妻は再婚している不器用な男でもある。
しかし、ひとたび家族、娘を守るために強靭な闘う男となる。
渋い、かっこいい強い親父!
男の中の男だ。
もうとにかくリーアム・ニーソンの顔つきからして渋い。
眼光鋭く悪党に挑む言動にしびれる。
一挙手一投足に陶酔します。
ハラハラドキドキの展開。
元妻レノーア、愛妻キムのために容赦なく闘いを挑んでいく強い父親。

96時間レクイエムの闘う父親シーン

テンポよし、アクションよし、ストーリーのひねりもいい。
父親と娘の愛情も魅せるし、男の中の男同志が相通じ合うところも見せ場。
警察との攻防も見もの。
96時間シリーズの凝っているところは、冒頭に何かわからないシーンが
あって、ブライアンと家族の仲睦まじいシーンがあって、そして冒頭の布石
とつながって深刻な事態が展開していくという演出の上手さ。
ストーリー展開で楽しましてくれるし、家族愛で人情の機微を突いてくるし、
アクションも熱く盛り上げてくれるし、男らしさも徐々にヒートアップして
くるし、盛り上げていく構成が秀逸。
魅了してやまないサスペンスアクション映画です!
ぜひ次作も制作されることを期待しています。
スカッと爽快、ストレス解消にももってこいの映画でした。
レイトショーで観ましたが、300数席ある大きな劇場に10人程だったので、
ゆったり鑑賞できて、しかも1,300円と料金も安いくて大満足。
アクション映画はやはり、映画館の響き渡る音響設備と大スクリーンで観る
と興奮もひとしおです♪

映画「96時間レクイエム」ポスター

映画「96時間レクイエム」公式サイト

◆以下、映画「96時間レクイエム」映画.comより
(解説)
リーアム・ニーソンが悪の組織から家族を守る無敵の父親に扮した人気サスペンスアクション「96時間」のシリーズ第3作。
愛する家族の命を狙う犯罪組織を壊滅させた元CIA工作員ブライアンは、幸せな暮らしを取りもどそうとした矢先、元妻レノーアを何者かに殺されてしまう。
元妻殺しの容疑者として警察からも追われる身となったブライアンは、娘キムを守るため、そして真実を暴いて復讐を果たすため、並はずれた肉体と頭脳を駆使して黒幕探しに奔走する。
元妻レノーア役をファムケ・ヤンセン、娘キム役をマギー・グレイスが続投し、「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカーが新たに参加。
前作「96時間 リベンジ」のオリビエ・メガトンが引き続きメガホンをとり、前2作も手がけたリュック・ベッソンが製作と脚本を担当した。

映画「96時間レクイエム」の独自評価は★★★★★(5段階評価で5 満点)

★最近観に行った映画(当ブログ記事)

映画「マエストロ!」レビュー・感想 ~オーケストラ&ヒューマンドラマ~
【映画レビュー・感想】「神様はバリにいる」元気になる開運ムービー
【映画レビュー・感想】 「海月姫」!楽しく、元気を与えてくれるいい映画
【映画レビュー・感想】 「ゴーン・ガール」を観た
【映画レビュー・感想】「チェイス!」インド アクション&ヒューマンドラマ

 

~ランキング参加中。クリック応援ありがとうございます~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析