月別アーカイブ: 2015年1月

あんこがおいしい御座候はコスパ高し!


おひとりさまの皆様、こんにちは。
疲れた時は、甘いも~ん。
豆のあんがヘルシーぽくていいですよね~
そんな時、おいしくて、お手軽なのが御座候

御座候の赤あんと白あんがおいしい♪

梅田の阪神百貨店でいつもにぎわっている御座候。
大阪庶民のおやつの定番かな。
1個85円とリーズナブル。
その場でどんどん焼いていて、手際よく包んで、行列を素早くこなしている気持ちよさ。

阪神百貨店の御座候

一押しは、やっぱり王道の赤あんですねぇ~
側がまた食べ応えありますので、おなか膨れます。
あんこもたんまり入っとります。

安くておいしい御座候

おひとりさまの特権!御座候を1人で一気に4個食べますのだ。

御座候の赤あん、白あん

北海道十勝産の小豆がおいしい♪
上品なほど良い甘さ。
粒あんおいしい、大好きや~
今までは、見向きもしなかった、正直言うと邪道やんとさえ思っていた白あんなるもの。
しかし、白あんは、「美食家の予防薬」ともいわれるインゲン豆の一種、てぼう豆で、食物繊維は小豆よりも更に豊富と言われると健康志向の私、おいしいくいただきますのだ。
御座候の赤あん2個と白あん2個でおなか一杯、大満足。

御座候のWEBサイト

★当ブログの和菓子記事
枝豆を使った和菓子「ずんだ餅」がおいしい♪
喜八洲総本舗の「きんつば」がおいしい♪
喜八洲総本舗のぼた餅とみたらし団子が最高においしい♪

~ブログランキング参加中、クリック応援励みになります~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


おひとりさまの日曜日の楽しみ方


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
日曜日はいかがお過ごしでしたか。エンジョイされたことと思います。
私は最近グダグダ日曜日でしたので、土曜日に映画を観た「神様はバリにいる」に刺激を受け、先ず行動しました~
朝、洗濯して、映画サイトを見ていると「ビッグ・アイズ」という映画が面白そうだったので、すかさずネットで予約して外出しました。

おひとりさまの日曜日の楽しみ方

朝起きて、先ずは洗濯。
映画サイトを見て、ネット予約して、梅田へレッツゴー。
映画「ビッグ・アイズ」良かった~
実話に基づく興味深い映画でした。
この映画の感想はまたブログ記事書きます。
その後、久しぶりに本格すし。回っていない寿司です。
お寿司屋さんはカウンターなのので、おひとりさまで行きやすいお店の一つです。
しかし、高いのが玉にきず。
しか~し、安くておいしい本格お寿司屋さんが梅田の界隈にあるのです。
お初天神通りの一角に、寿司屋街があるのです。
私のおすすめは、亀寿司、縄寿司。
亀寿司の方がちょっと高め、縄寿司の方が巻物とかが豊富な感じです。
この日行ったのは、縄寿司
おひとりさまでアルコール飲まずに、たらふくお寿司を食べて3千円くらいかな。
ランチ時は赤だしがサービス!
お寿司屋さんの赤だしはおいしい♪濃厚~

お寿司屋さんの赤出し好きなマグロとえびの寿司好きなうなぎの寿司

そして先ずは好きなマグロとエビ。
ネタが新鮮で大きくておいしい♪
そしてこれも好きなうなぎのお寿司。

大好きなトロ海ぶどうの軍艦巻き

奮発して大好物のトロ。
トロ、とろける~絶品。
そして初めて食べた海ぶどう。
海ぶどうとはネーミングがうまい。
ほんま小さなぶどうのような粒々が、プチプチ~
栄養ありそう。
そのほかにも栄養を考えてのサバやはまち、えびサラダ巻きなどおなか一杯食べて、お会計はジャスト3千円也。
ぴったり3千円とはなんか嬉しい。
大満足。
そして喫茶店で読む本を本屋さんで物色し、「最貧困女子」 (幻冬舎新書)を買って喫茶店へ
しばし、コーヒーと読書タイム。
その後、コナミスポーツクラブ大阪ステーションシティ
軽くマシンジムして、大きなお風呂でゆった~り。
気分爽快!
映画よし、お寿司よし、喫茶店で読書よし、スポーツクラブで軽く運動して大きなお風呂よし。
充実したおひとりさま日曜日でした。

ブログランキング参加中~クリック応援ありがとうございます~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


【映画レビュー・感想】「神様はバリにいる」元気になる開運ムービー


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
1月17日から封切の「神様はバリにいる」を映画館に観に行ってきました。
疲れてるから元気もらおうかと、今週はこの映画やなと決めました。
ネタバレにならぬよう書きます。

自分を変えたい大人たちに捧げたい開運ムービー

映画「神様はバリにいる」レビュー・感想

大富豪とは、知性、品性、エレガンスを兼ね備えた人物・・・
という謡とはちょっとほど遠い感じがする豪快な大富豪アニキ(堤真一)。
大阪弁をちと下品に豪快につこてくれるやん。
ポジティブシンキングというか底抜けに明るい。
ダジャレはしょうもないが、豪快に快活に笑うアニキ。
そんなアニキのもとに借金苦でバリに逃げて来た女性、祥子(尾野真千子)が大富豪になる秘訣を教わるというストーリー。
やりとりが、おもろい。
笑えるコメディ映画やけど、随所にアニキの人を幸せにしたい、人のために尽くしたいという姿勢が垣間見えてくる。
借金苦で自殺しに来た祥子にさわやかさが足りん、悲壮感漂わせた顔があかんなどずけずけと指導していく。
ハチャメチャなところもあるが、なんか楽しい。
アニキの教えを実行していく祥子がイキイキとしてくる。
バリの人は街の至る所に神様がいると信じて敬う、感謝の達人やという。
人を信じて、人に尽くす快活なアニキの姿勢からは教わること多いやん。
ええ映画やなあ。堅苦しくなく、笑いをとりながら人生のあるべき姿が見えてくる。
そこにずっとおったら何も変わらへんで!行動あるのみ。
いきずまってるなら、今が辛かったら、変わりたかったらアニキの映画観てみいと言いたい。
元気をくれるええ、映画でした。
堤真一、尾野真千子が熱演、ええ演技してます。

アニキ語録よろしおまっせ
アニキ語録

映画「神様はバリにいる」公式サイト

神様はバリにいるポスター

◆以下、映画「神様はバリにいる」Yahoo!映画より

(解説)
ハウツー本「出稼げば大富豪」をベースに、バリ島に暮らす日本人大富豪が独自の人生哲学で周囲の人々の人生を変えていくさまを描いた人情コメディー。
『デトロイト・メタル・シティ』などの李闘士男監督がメガホンを取り、怪しい雰囲気漂う風貌でありながら周囲からの信望の厚い男を堤真一が怪演する。
共演には『そして父になる』などの尾野真千子、『幕末高校生』などの玉木宏、初めて本格的な演技に挑戦するミュージシャンのナオト・インティライミらがそろう。

(あらすじ)
婚活ビジネスが失敗に終わり借金を抱えた祥子(尾野真千子)は、訪れたバリ島で日本人の金持ちであるアニキ(堤真一)と知り合う。
何となく怪しい雰囲気を持つアニキだったが、現地の人々からは厚い信頼を寄せられていた。
祥子は再起を図るためアニキのもとで金持ちになるための人生哲学を学ぼうとするが、あまりに型破りな教えに疑念を抱くようになり……。

映画「神様はバリにいる」の独自評価は★★★★☆(5段階評価で4)

神様はバリにいるチラシ

★最近観に行った映画(当ブログ記事)

映画「マエストロ!」レビュー・感想 ~オーケストラ&ヒューマンドラマ~
映画「96時間レクイエム」観てきました!
【映画レビュー・感想】 「海月姫」!楽しく、元気を与えてくれるいい映画
【映画レビュー・感想】 「ゴーン・ガール」を観た
【映画レビュー・感想】「チェイス!」インド アクション&ヒューマンドラマ
~ランキング参加中。クリック応援ありがとうございます~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析