映画「PK(ピーケイ)」を観てきました!


映画「PK(ピーケイ)」を観てきました!
久しぶりに映画館で映画鑑賞してきました。
何みよかなぁとネットで選定しているとインド映画「きっと、
うまくいく」を超える興行成績というPKが上映されている
ではありませんか。
インド映画は底抜けに明るく、ポジティブなのがいいところ。
PKを観に行くことに決定しました。

映画「PK(ピーケイ)」

ヒットを記録した『きっと、うまくいく』のラージクマール・
ヒラニ監督と、主演のアーミル・カーンが再び組んだヒューマ
ンコメディー。
映画pkパンフ
アーミルの目つきというか顔つきがユニークなんだなぁ。
失恋した美人と接する宇宙から来た地球のことがわからないpkの
トンチンカンな言動がおもしろい。
終始、笑いを誘い、時に音楽とダンスで魅了し、テンポよく進
んでいく。
神様、宗教というシリアスな題材をコミカルに明るく描いた
あたりは秀逸。
ホロッとくる場面もお仕着せがましいお涙頂戴もんでなく、さら
っと演出するのもうまい。
2時間33分の上映時間も長く感じることなく、魅了し続ける。
でもシリアスなテーマに対し、きっちり含蓄を含んだ メッセージを
送る感動もの。
この映画はおもしろくて、考えさせられるおすすめの映画です。

<解説>映画.comより
日本でもロングランヒットを記録したインド映画「きっと、
うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド
映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。
本国インドでは「きっと、うまくいく」を超える興行成績を
記録し、全米公開もされた。留学先のベルギーで大きな失恋
を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働い
ている。
そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを
被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に
付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。
男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているということを知った
ジャグーは、男になぜ神様を探しているのか話を聞くのだが……。

~ブログランキング参加中です。クリック応援励みになります~


にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA