タグ別アーカイブ: 感想

【映画レビュー・感想】「神様はバリにいる」元気になる開運ムービー


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
1月17日から封切の「神様はバリにいる」を映画館に観に行ってきました。
疲れてるから元気もらおうかと、今週はこの映画やなと決めました。
ネタバレにならぬよう書きます。

自分を変えたい大人たちに捧げたい開運ムービー

映画「神様はバリにいる」レビュー・感想

大富豪とは、知性、品性、エレガンスを兼ね備えた人物・・・
という謡とはちょっとほど遠い感じがする豪快な大富豪アニキ(堤真一)。
大阪弁をちと下品に豪快につこてくれるやん。
ポジティブシンキングというか底抜けに明るい。
ダジャレはしょうもないが、豪快に快活に笑うアニキ。
そんなアニキのもとに借金苦でバリに逃げて来た女性、祥子(尾野真千子)が大富豪になる秘訣を教わるというストーリー。
やりとりが、おもろい。
笑えるコメディ映画やけど、随所にアニキの人を幸せにしたい、人のために尽くしたいという姿勢が垣間見えてくる。
借金苦で自殺しに来た祥子にさわやかさが足りん、悲壮感漂わせた顔があかんなどずけずけと指導していく。
ハチャメチャなところもあるが、なんか楽しい。
アニキの教えを実行していく祥子がイキイキとしてくる。
バリの人は街の至る所に神様がいると信じて敬う、感謝の達人やという。
人を信じて、人に尽くす快活なアニキの姿勢からは教わること多いやん。
ええ映画やなあ。堅苦しくなく、笑いをとりながら人生のあるべき姿が見えてくる。
そこにずっとおったら何も変わらへんで!行動あるのみ。
いきずまってるなら、今が辛かったら、変わりたかったらアニキの映画観てみいと言いたい。
元気をくれるええ、映画でした。
堤真一、尾野真千子が熱演、ええ演技してます。

アニキ語録よろしおまっせ
アニキ語録

映画「神様はバリにいる」公式サイト

神様はバリにいるポスター

◆以下、映画「神様はバリにいる」Yahoo!映画より

(解説)
ハウツー本「出稼げば大富豪」をベースに、バリ島に暮らす日本人大富豪が独自の人生哲学で周囲の人々の人生を変えていくさまを描いた人情コメディー。
『デトロイト・メタル・シティ』などの李闘士男監督がメガホンを取り、怪しい雰囲気漂う風貌でありながら周囲からの信望の厚い男を堤真一が怪演する。
共演には『そして父になる』などの尾野真千子、『幕末高校生』などの玉木宏、初めて本格的な演技に挑戦するミュージシャンのナオト・インティライミらがそろう。

(あらすじ)
婚活ビジネスが失敗に終わり借金を抱えた祥子(尾野真千子)は、訪れたバリ島で日本人の金持ちであるアニキ(堤真一)と知り合う。
何となく怪しい雰囲気を持つアニキだったが、現地の人々からは厚い信頼を寄せられていた。
祥子は再起を図るためアニキのもとで金持ちになるための人生哲学を学ぼうとするが、あまりに型破りな教えに疑念を抱くようになり……。

映画「神様はバリにいる」の独自評価は★★★★☆(5段階評価で4)

神様はバリにいるチラシ

★最近観に行った映画(当ブログ記事)

映画「マエストロ!」レビュー・感想 ~オーケストラ&ヒューマンドラマ~
映画「96時間レクイエム」観てきました!
【映画レビュー・感想】 「海月姫」!楽しく、元気を与えてくれるいい映画
【映画レビュー・感想】 「ゴーン・ガール」を観た
【映画レビュー・感想】「チェイス!」インド アクション&ヒューマンドラマ
~ランキング参加中。クリック応援ありがとうございます~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


【映画レビュー・感想】「想いのこし」観てきました!泣けた


映画「想いのこし」劇場封切初日の朝一番上映で観てきました。
話題になっていただけに期待感ひとしおで挑みました~
挿入歌がそそりいいですねぇ~

映画「想いのこし」泣ける秀逸作品

道路に飛び出してきたダメ男(ガジロウ:岡田将生)を避けた車に乗っていて亡くなった4人がこの世に想いを残したまま成仏できず、ガジロウだけに見える姿で現れ、自分たちの想いをガジロウに託すという物語。

映画「想いのこし」ポスター

ガジロウが4人の想いを遂げるべく奮闘する
●結婚前で結婚式を挙げたかった女性(木南晴夏)
●高校野球のマネージャーの想い(松井愛莉)
●元消防士の想い(鹿賀丈史)
●幼い息子への想い(広末涼子)

これが、おもしろくも、なんか切なくも、深い想いに泣けるのです。
映画館で、入場の際、映画のクリアファイルを配布してくれていた。
こういうのは嬉しい♪

映画「想いのこし」のクリヤーファイル

それぞれ4人の想いの深さと挿入歌がマッチして盛り上げる。
おもしろおかしく展開しつつもホロッとさせられる。
油断しているとガッツ~ンとくるよ。
思わず映画館で涙がこぼれてしまった。恥ずかし。
4人それぞれの想いの暑さに心打たれますが、
私は、高校野球のマネージャのシーンエンディングに我慢してたのに思わず涙が溢れてしまった。
このシーンの純粋な言動が効きました。感動しました。
観て良かった感動の映画です。

映画「想いのこし」予告編

映画「想いのこし」公式サイト

以下、Yahoo!映画「想いのこし」より

◆解説
岡本貴也の小説を、テレビドラマ「リーガルハイ」でも共演した岡田将生と広末涼子を迎えて実写化したヒューマンコメディー。
金と女に目がない青年が、ひょんなことから現世に未練を遺(のこ)した幽霊たちを成仏させようと奔走しながら騒動を巻き起こしていくさまを、涙と笑いを交えてつづる。
メガホンを取るのは、『ROOKIES』シリーズや『ツナグ』などの平川雄一朗。
幽霊たちとの出会いを機に遂げていく青年の内面的成長を岡田が見事に体現、広末はポールダンサーの幽霊にふんしてセクシーなダンスを披露する。

◆あらすじ
考えることは金と女のことばかりで、お気楽に毎日を過ごすことがモットーの青年・ガジロウ(岡田将生)。
そんなある日、交通事故が縁となって幽霊となったユウコ(広末涼子)ら、3人のポールダンサーと年配の運転手に出会う。
小学生の息子を残して死んだのを悔やむユウコをはじめ、成仏できぬ事情を抱える彼らは遺(のこ)した大金と引き換えに無念の代理解消をガジロウに依頼。
それを引き受けた彼は、花嫁姿で結婚式に出席したり、男子高校生に愛の告白をしたりと、それぞれの最後の願いをかなえていく。

☆当サイトの映画レビュー・感想
【映画レビュー・感想】「紙の月」観てきました!宮沢りえ熱演 
【映画レビュー・感想】 福福荘の福ちゃん
映画『ふしぎな岬の物語』舞台挨拶付上映に行ってきました

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


【映画レビュー・感想】「紙の月」観てきました!宮沢りえ熱演


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
映画「紙の月」を11月15日(土)劇場公開初日にレイトショーで観てきました。
レイトショーは普段空いているのですが、なかなか人の入りがよく人気ぶりが伺えました。

映画「紙の月」は人間模様を巧みに描く

平凡な主婦が起こした、巨額横領事件。
何不自由のない生活を送っていたはずの彼女に、何が起きたのか-。

映画「紙の月」ポスター

久しぶりの宮沢りえ。
年齢を重ねて、人間の心情の機微を表現できるようになってきたなあ。
夫に従順な真面目な主婦がどのような心情で人生の歯車が狂い始めたのか、興味をそそる展開。
始まりは1万円をちょっと着用してから。
若い男性、豪遊にと欲望がエスカレートしていく。
楽しんでいるようにふるまっても心の満足を満たしていない宮沢りえの表情。
奥が深い人間の心情を描いた作品。
終盤の小林聡美と宮沢りえの真逆の2人の会話が確信をつく見せ場。
違う2人の人生感を表している。
また随所に挿入されている歌が子供の頃の心情を表し秀逸。
人は、子供の頃の心情が大人なってからも影響を及ぼすものなのかなぁ。。。
さて、事の顛末は。。。
最後まで目が離せない、波乱万丈の展開。
人間の弱さ、欲望、心情の変化を巧みに描く。
そんなに重たくならずに見られるがちょっと痛々しい。
これはなかなか見どころのある、考えさせられるヒューマンドラマでした。
最近見た映画の中で最もインパクトのある衝撃的な映画でもありました。
観て良かった映画です~

映画「紙の月」公式サイト

以下、Yahoo!映画「紙の月」より
◆解説
銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。
まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく。
監督は、『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。年下の恋人との快楽におぼれ転落していくヒロインの心の闇を、宮沢りえが体現する。

◆あらすじ
バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。
一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。

 

☆当サイトの映画レビュー・感想
【映画レビュー・感想】「想いのこし」観てきました!泣けた
【映画レビュー・感想】 福福荘の福ちゃん
映画『ふしぎな岬の物語』舞台挨拶付上映に行ってきました

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析