映画レビュー」タグアーカイブ

映画<マスカレード・ホテル>みてきました~


映画 マスカレード・ホテル レビュー

おひとりさまの皆さま、こんにちは
昨日1/19(土)映画<マスカレード・ホテル>を映画館にみにいきました~
20時以降に行われるレイトショーで1,300円とお得
公開2日目ともあり、レイトショーでも7~8割方の入りで盛況でした。
当方は、長澤まさみ狙いです。
なんか魅力あんねんね、長澤まさみは。
ショートヘアにしたところは当方にとってはマイナスやねんけど。
それと高級ホテルが題材になってるところも当方の憧れ志向に
マッチしますねん。
あんたないものねだりなんかと天の声がしますが、いいやん
脱日常の未体験ゾーンを味わうだけやん
ということで、マスカレード・ホテルをみに行ったわけです。

映画‗マスカレード・ホテル

さて、上映開始になりました~
うんうん、テンポよく進んでいますね。
ゴージャスな高級ホテル感漂う中、高揚させる音楽~
木村拓哉はいつもの感じですな。
ぶっきらぼうに我が道を行きつつも思慮深いところもあり、
他人と融合していく、渋い役どころ。
さあ、長澤まさみちゃん、かわいい、声もいい。
魅力的じゃあ~りませんか。
ホテルウーマンの制服が似合っている
名フロントですねぇ、こんなホテルに泊まりたい。
わがまま客、高級ホテルにそぐわない資質の客が無理難題
言う腹立たしさを抱きながらも物語は進行していきます。
刑事役の渡部篤郎、小日向文世もいい味だしてます。
他にも出演者はなかなかの名優揃いで、うまく現実味を演出
してくれます。
身勝手な客に腹立たしく、サービス精神旺盛なホテルマンに
敬意をはらってしまう。
映画の政界に没頭しとる自分がいる。
見ていて、うっ憤を晴らすのと和むのとで、これはなかなか
ストレス解消になるんちゃうんと今にして思えてきました。
さあ、犯人は誰か、犯行の目的は。。。
う~ん、おもしろい。
また、みてみたい。
今年上映の映画の中で暫定1位ね。
おおきに~

映画の内容等はYahoo映画でどうぞ
マスカレード・ホテル by Yahoo!映画

~ブログランキング参加中です。クリック応援励みになります~


にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ





映画「伊藤くん A to E」観てきました~


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
昨日、梅田の東宝シネマズで映画観てきました~
久々の映画館、昨年の10月から行ってなかったなぁ。
さて、今回見た映画は
「伊藤くん A to E」
柚木麻子の同名恋愛小説を映画化したもの。
岡田将生&木村文乃ダブル主演、廣木隆一監督。
目当てはもち、木村文乃狙い。
木村文乃すっきやねん。

映画「伊藤くんAtoE」ポスター

変な性格のイケメン男に振り回される女性5名を描いた作品。
佐々木希が痛々しくもかわいい♪
変な男につかまると大変やねぇ女性方。
変な男に恋愛感情を抱き、か弱く、すがる体質の女性。
そんな女性に対して、腹の中では笑っている女性。
女性の心理描写に興味深々。
嫉妬や嫌がらせや人間の腹黒い、小賢しい面、か弱い面が
浮き彫りに描かれている。
嫌な人たちやけど、これが大多数の人間の性なんやろな
岡田将生、木村文乃は見事に嫌な役に徹しててさすがやん。
木村文乃がかっこいいし、かわいい♪
見てよかったええ、映画やった~
映画館で観るのんええねぇ
おひとりさまに最適のレジャーちゃう

~ブログランキング参加中です。クリック応援励みになります~


にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析





映画レビュー「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
今日2回目の投稿です。
暑さ厳しい大阪からお送りしております。
さて、今朝はマクドでモーニング食べてスタート切りました。
朝から、梅田の大阪ステーションシティシネマへ映画観に行ってきました~
映画は「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

Yahoo映画のユーザーレビューの評価が良かったので
ロンドンのホームレスのストリートミュージシャンと、野良猫の
運命の出会いを描いたベストセラーノンフィクション「ボブという
名のストリート・キャット」を実写映画化!
猫がかわいいのなんの癒し効果抜群
茶トラ猫は愛情深く義理堅いから離れず付き添うとか
そのとおり主人公に寄り添い、応援しているよう
猫の目がくりくりでかわいくクローズアップされ、猫目線でのカメラ
アングルが秀逸
茶トラ猫ええねぇ、欲しくなってきた
猫が人の人生をいい方向に導いてくれてる
猫が主人公の肩に乗って人々に愛くるしい超かわいい顔を向ける
キュィ~ンやで
この映画は観て癒されるで♥

以下、映画.comの解説
ホームレス同然のストリートミュージシャンが一匹の野良猫との出会い
によって再生していく姿を描き、世界的ベストセラーとなったノンフィ
クション「ボブという名のストリート・キャット」を、「007 トゥモロ
ー・ネバー・ダイ」のロジャー・スポティスウッド監督のメガホンで映
画化。
ロンドンでプロのミュージシャンを目指すジェームズは、夢を果たせず、
薬物に依存、家族にも見放され、ホームレスとしてどん底の生活を送って
いた。そんな彼のもとに迷い込んできた一匹の野良猫。
足をケガしていたその猫はボブと命名され、ジェームズはそんなボブを
有り金をはたいて看病する。それ以来、いつも一緒に行動をともにする
ジェームズとボブ。そんな彼らの姿は次第に世間の注目を集めるように
なり……。
ジェームズ役に「アタック・ザ・ブロック」「タイタンの戦い」のルー
ク・トレッダウェイ。猫のボブ役には実際のボブが出演。

~ブログランキング参加中です。クリック応援励みになります~


にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析