タグ別アーカイブ: 映画レビュー

映画「しあわせな人生の選択」観てきました~


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
昨日1日は、映画サービスデー
1,100円で映画が観れるお得な日、これは映画館行かな
ということで、昨日観た映画はこちら
映画「しあわせな人生の選択」

映画「しあわせな人生の選択」

余命わずかな中年男性の4日間を描いた作品。
長年の友人が訪ねてきて、2人の男の友情が熱い。
時を経て離れていても2人の友情は熱く、すぐに昔の
関係に戻る。
2人のやり取りが微笑ましくも、おもしろい。
かれらを取り巻く人たちとの交流の中、2人の4日の
日常が進行していく。
ほのぼのええやん。
こんな人生もありなんちゃうんと思えてくる。
ええ、映画やねぇ~

映画の帰りは、本屋行って、4冊本買って、喫茶店へ
いつもといくとことちゃう、Seattle’s Best Coffee
シアトルズベストコーヒーへ

シアトルズコーヒー

アイスコーヒー370円
うっ、うまい~
深みのある味わいやん
ちょっと苦味が効いた後味さっぱりやねんけど
コーヒーの深みのある味わい
これは、気に入った!
シアトルズベストコーヒーのコーヒーは旨い!

映画.com<しあわせな人生の選択>解説
余命わずかな男と彼を取り巻く人々の最期の4日間を描いたドラマ。
カナダに住むトマスは長年の友人でスペインに住むフリアンが余命
わずかであることを聞き、フリアンのもとを訪れる。
治療をあきらめ、身辺整理を始めたフリアンは、愛犬トルーマンの
新たな飼い主を探し、アムステルダムの大学に通う息子の誕生日を
祝うためにオランダへ旅をする。
その中でフリアンとトマスは、昔のように遠慮のない関係に戻って
いくが……。

~ブログランキング参加中です。クリック応援励みになります~


にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


映画「結婚」観てきました


おひとりさまの皆さま、おはようございます。
昨日土曜日、梅田へ行って、ロフトの地下のテアトル梅田で
映画を観てきました。
結婚詐欺の人間模様を描いた「結婚」
梅田の喫茶店で文庫本読んでくつろいだ後、そや映画でも観よ
かと思いつき、何を観ようかスマホで検索して、これにしました。

映画「結婚」ポスター

さて、映画の感想は。
おもしろい!(笑えるおもしろいやなしにね)
様々な境遇の人々の心情が見事に描かれてる。
各々の人間に興味深々。魅せられるねぇ~
主演のディーン・フジオカが陰のある人間を上手く演じて
ましたねぇ~
男から見たらええ男とは思わんのやけど、女性から見たら
渋くてかっこいい、男前にみえるんやろうねぇ。
貫地谷しほりの持ち味もええねぇ。
結婚詐欺師と騙される女性の心情が見事に描かれてます
やん。
女性は同感するとこ多いんちゃうかなぁ。
観客に女性が多かったのもうなずける。
女性の気持ちをわかるのに男は参考になるやん。
出演者みなええ味だしてます。
ええ映画や。
ヒューマンドラマ大好きや~

映画.comより
直木賞作家の井上荒野による「結婚詐欺」を題材にした長編小説
「結婚」をディーン・フジオカ主演により映画化。ある時は小説家、
またある時は空間コーディネーターと姿を変えながら、年齢や境遇
も異なるさまざまな女性たちを翻弄していく結婚詐欺師・古海健児。
彼にだまされた女たちは、古海の相棒である千石るり子にたどり着くが……。
結婚をめぐって、騙す男と騙される女たちの孤独と欲望が描かれる。
主人公の古海役をフジオカ、NHK連続テレビ小説「まれ」で話題となった
柊子が古海の相棒るり子役を演じる。脚本はドラマ「結婚できない男」
「梅ちゃん先生」などを手がけた尾崎将也。
監督はフジオカがブレイクするきっかけとなったNHK連続テレビ小説
「あさが来た」で、チーフ演出を務めた西谷真一。

~ブログランキング参加中です。クリック応援励みになります~


にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


映画「PK(ピーケイ)」を観てきました!


映画「PK(ピーケイ)」を観てきました!
久しぶりに映画館で映画鑑賞してきました。
何みよかなぁとネットで選定しているとインド映画「きっと、
うまくいく」を超える興行成績というPKが上映されている
ではありませんか。
インド映画は底抜けに明るく、ポジティブなのがいいところ。
PKを観に行くことに決定しました。

映画「PK(ピーケイ)」

ヒットを記録した『きっと、うまくいく』のラージクマール・
ヒラニ監督と、主演のアーミル・カーンが再び組んだヒューマ
ンコメディー。
映画pkパンフ
アーミルの目つきというか顔つきがユニークなんだなぁ。
失恋した美人と接する宇宙から来た地球のことがわからないpkの
トンチンカンな言動がおもしろい。
終始、笑いを誘い、時に音楽とダンスで魅了し、テンポよく進
んでいく。
神様、宗教というシリアスな題材をコミカルに明るく描いた
あたりは秀逸。
ホロッとくる場面もお仕着せがましいお涙頂戴もんでなく、さら
っと演出するのもうまい。
2時間33分の上映時間も長く感じることなく、魅了し続ける。
でもシリアスなテーマに対し、きっちり含蓄を含んだ メッセージを
送る感動もの。
この映画はおもしろくて、考えさせられるおすすめの映画です。

<解説>映画.comより
日本でもロングランヒットを記録したインド映画「きっと、
うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド
映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。
本国インドでは「きっと、うまくいく」を超える興行成績を
記録し、全米公開もされた。留学先のベルギーで大きな失恋
を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働い
ている。
そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを
被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に
付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。
男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているということを知った
ジャグーは、男になぜ神様を探しているのか話を聞くのだが……。

~ブログランキング参加中です。クリック応援励みになります~


にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析