タグ別アーカイブ: 梅田ブルク7

映画「ベイビー・ドライバー」をプレミアムシートで観た!


おひとりさまの皆さま、こんばんは。
今日2回目の投稿です。
今日は朝マックの後、朝から梅田の映画館へ行きました~
アクティブやん
さて、本日見た映画は「ベイビー・ドライバー」
Yahoo!映画で評判よかったから
映画館は梅田のブルク7
今回は初体験ですが、500円追加してプレミアムシートで
ど真ん中で真正面から観てきました
いつもは万課の列の端っこから観るから映画のスクリーンの
端の方から斜めに見てる感じやけど
真正面から観るのんはええねぇ~
プレミアムシートのことは後程触れるとして、先ず映画の感想
いっときましょか

映画ベイビー・ドライバーパンフ

基本カーアクション映画ですが、初っ端から斬新な趣向を凝ら
してますねぇ
Yahoo映画の映画レポートにあるとおりです。
それと、爽快感やドキドキ感がありながら、登場人物のヒューマン
面にもスポットを当てている。
主人公の青年男子のドライバー、悪党、養父などの人間性に
入り込んでいる
うんうん、当方ヒューマンドラマ好きですよ
カーアクション映画でここまで登場人物の人間性がクローズ
アップされてくるのもなかなかないんちゃう
カーアクションの激しい爽快感、ドキドキ感がミュージックと
共に展開されていくんですが、それだけじゃない
なんか観終わった後に余韻を引きずる
これを是とするか否とするかは観る人に委ねられるんやろうねぇ
当方はなかなか楽しめて、よかったよ
この斬新な映画のスタイルは観とかなね

スバルの赤のWRXがまたカッコええ
ドリフトで街を疾走するんやもん

Yahoo映画「ベイビー・ドライバー」より
あらすじ
幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧な
プレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライ
ビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。
その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ
(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちる。それを機に
裏社会の仕事から手を引こうと考えるが、ベイビーを手放したく
ない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの
材料にして強盗に協力するように迫る。

さて、梅田ブルク7のプレミアシートですが、通常料金に
プラス500円いります
座席を一席ずつに区切った特別なシートで、高級感あふれる
木目調のデザイン、座り心地のよい革張のシートは、疲れや
ストレスを感じさせへん。
隣の人との距離が遠いし、横にテーブルもあるし、足元も広い
両サイドの手置きに両手をのせてゆったりくつろげる
ええやん、500円の価値はあるで
他のプレミアシートもおひとりさまが利用していたよう
気に入ったまたちょいちょいリピするかも
映画観てリフレッシュできた~よかった、よかった

~ブログランキング参加中です。クリック応援励みになります~


にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析


映画『ふしぎな岬の物語』舞台挨拶付上映に行ってきました


おひとりさまの皆さま、こんにちは。
大阪の映画館、梅田ブルク7で10月12日(日)映画『ふしぎな岬の物語』舞台挨拶付上映に行ってきました。
昨日が劇場公開初日で、2日目の上映日に監督、出演者の舞台挨拶がありました。
私は、映画上映の舞台挨拶は初めての参加です。
シアター1で、441席の大会場満席でした。
登壇者(予定)は、吉永 小百合さん、竹内 結子さん、成島 出 監督。
そして、注意書きで、ゲストは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承くださいとのことでした。
私のお目当ては、竹内 結子狙い。

ふしぎな岬の物語の映画ポスター

映画『ふしぎな岬の物語』舞台挨拶付上映

さて、映画上映前の15分間程、舞台挨拶がありました。
登壇されたのは、予定通り、吉永 小百合さん、竹内 結子さん、成島 出 監督。
そして、なんと急遽、大阪なので、鶴瓶さんも駆けつけてくれましたとのアナウンスがあり、劇場から大歓声があがりました。
やっぱり大阪、大阪人贔屓、大阪人が好きなんですね、鶴瓶さんが登壇して再度大歓声と拍手喝采。
吉永 小百合さん、竹内 結子さんという美貌の大女優に引けを取らない鶴瓶さんの偉大さ。
さすが、鶴瓶さんです。話が上手い。
笑かしてくれるし、話術が上手く、ちゃんと話しの展開で、吉永 小百合さん、竹内 結子さん、成島 出 監督に話題を振る。
そして、ちゃっかり、映画の魅力を彷彿させて、映画を観てみたくなるようボルテージを上げてくれる。
鶴瓶さんはこの日が40年の結婚記念日だそうで、その話が出ると大拍手で観客が賞賛をたたえる。
吉永 小百合さん、竹内 結子さんも魅力的な話をしてくれたし、成島 出 監督は寡黙な真面目な印象で、映画への情熱がひしひしと伝わり、気分が高揚してくる。
この映画は人とのつながりが温かく、みんなに支えられますが、おひとりの方の心にも温かな火を灯して、和やかな気分になってもらえたらというようなおことばが、おひとりさまの心を射抜き、映画に期待感マックス。
初めてなので、よくわからなかったですが、普段、映画を観るときのように後ろ側の席を取るよりも、舞台に近い前の席を取らないとスターのお顔が見えないですね。スクリーンに大きく映してくれることもなかったし。
双眼鏡買って持っていかなあかんなあ。
吉永 小百合さんは白のワンピース、竹内 結子さんはグリーン系のツーピースでミニスカートだった♪
声がいいし、スターのカリスマの雰囲気も十分伝わったで。
えがった、えがった。
映画もよかった~、人との温かな心のふれあい、鶴瓶の演技で涙流れてもたがな。
竹内 結子狙いで舞台挨拶付上映に行ったのが、それ以上の大満足!

 

☆当サイトの映画レビュー・感想
【映画レビュー・感想】「想いのこし」観てきました!泣けた
【映画レビュー・感想】「紙の月」観てきました!宮沢りえ熱演 
【映画レビュー・感想】 福福荘の福ちゃん

 

~ブログランキングサイトへのクリックご協力感謝します~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ

blogramによるブログ分析

映画ファンおすすめの映画紹介・レビュー_250_125