電気を開通させる手続きの流れと電力会社選びのポイント

  • URLをコピーしました!

引っ越しのときに、よく忘れがちなのが電気の開通手続きです。正しい電気の開通手続きを知らないと、引っ越し当日に電気が使えない可能性

この記事では、電気を開通させる手続きの流れについて解説します。記事を読めば、具体的な手順だけでなく、開通しない場合の対処法まで理解できます。引っ越しに伴うストレスを少しでも減らしたい方は最後までご覧ください。

目次

電気開通手続きの流れ

電気開通手続きの流れは以下のとおりです。

  1. 旧居での電気の使用停止
  2. 新居での電気の使用開始

旧居での電気の使用停止

引っ越しをするときは、まず旧居での電気の使用停止手続きが必要です。以下の順番で手続きを進めましょう。

  1. 引っ越しする日を決める
  2. 使用停止の希望日を決める
  3. 電気メーターの検針票を用意する
  4. 電力会社に連絡を取る

引っ越しをする日が決まったら、現在の電力会社に連絡を取りましょう。連絡する際には、検針票や契約書などに書かれている契約番号が必要になります。

新居での電気の使用開始

旧居での電気の使用停止が終わったら、新居での電気が使えるようにするための手続きを始めます。新居で電気を使い始める際には、以下の順番で進めてください。

  1. 新居の住所と入居予定日を確認する
  2. 新居のエリアを管轄する電力会社を調べる
  3. 電力会社に連絡して開通手続きを申し込む
  4. 必要書類を用意する
  5. 使用開始日と希望するプランを伝える
  6. 契約内容を確認する
  7. 初回の電気使用料金の支払い方法を設定する

新居では旧居と同じ電力会社を使えない可能性があります。あらかじめ対象の電力会社を確認したうえで連絡しましょう。新しく電気の開通をするためには、身分証明証が必要になる場合があります。複数のプランが存在することもあるため、旧居で使用した電力数などを確認して希望プランを伝えましょう。

希望したプランの契約内容だけでなく、支払い方法も確定させておけば、トラブルを防げます。

電力会社選びのポイント

電力会社選びのポイントは以下のとおりです。

  • 料金プラン
  • 供給エリア
  • 支払い方法

料金プラン

電力会社を選ぶ際には料金プランの確認が必要です。自分のライフスタイルや家族構成に応じたプランでないと、割高になる可能性があるからです。適切なプランを選ぶことで、毎月の電気代を節約できます。料金プランには、基本料金と従量料金があるため、旧居での電気使用量を参考にプランを選択しましょう。

時間帯によって料金が異なるプランの場合は、ピーク時を避けると節約につながります。大型家電をよく使用するご家庭であれば、それに適したプランを選ぶことが肝心です。電気使用量に応じた割引制度がある電力会社もあります。一度利用して合わない場合は、電気使用量に基づいたプランの見直しも検討しましょう。

供給エリア

電力会社を選ぶ際には、自分が利用する場所でサービスを提供しているかを確認することも重要です。供給エリアは電力会社によって異なるので、旧居で利用していた電力会社を必ず使えるわけではありません。料金だけのチェックではなく、サービスが提供されるエリアかどうかをチェックしましょう。

電力自由化によって新規参入した電力会社には、従来の電力会社よりも広いエリアをカバーする場合もあります。最新の電力会社の情報を事前にチェックしてから決めるのがおすすめです。

支払い方法

電力会社を選ぶ際には、支払い方法の豊富さもチェックしましょう。複数の支払いに対応していれば、生活スタイルや利便性に合わせた最適な方法を選べるからです。具体的には、以下のような支払い方法に対応している電力会社がおすすめです。

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • コンビニ払い
  • 電子マネー

各支払い方法にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、自分に合った支払い方法を選択しましょう。

電気が開通しないときの対処法

電気が開通しないときの対処法として有効な手段は、以下のとおりです。

  • ブレーカーをチェックする
  • 電力供給開始日を超えているか確認する
  • 近隣の住宅で電気が使えているかを確認する
  • カスタマーサービスに連絡して状況を確認する
  • 手続きが完了しているか確認する

電気が開通しない場合であっても、落ち着いて原因を探すことが重要です。電力が供給される日より後の日付であるかや、ブレーカーが作動していないかをチェックしましょう。どうしても解決しない場合は、カスタマーサービスに連絡して対処方法を模索します。

地域全体で停電が起きている可能性も考えられるので、近隣の住宅でも電気が使えているか確認すべきです。場合によっては、開通の連絡を待つ必要があるケースも考えられます。設備トラブルが原因であれば、電力会社に修理を依頼することになります。

電気開通手続きを忘れたときの対処法

電気開通手続きを忘れたときの対処法として有効な手段は、以下のとおりです。

  • 電力会社に連絡を取る
  • 緊急開通サービスがあるか確認する
  • 代替できる電力を検討する
  • 近隣の施設を利用する

電気開通手続きを忘れた場合は、早急に電力会社に連絡を取るのが先決です。営業時間外であれば、翌日の営業開始と同時に連絡しましょう。緊急事態であれば、緊急開通サービスを提供しているかどうかを確認するのも1つの手段です。

ただし、料金プランや手数料が通常より高い場合があるため、注意が必要です。開通まで時間がかかる場合は、レンタル発電機などの代替方法も考えましょう。どうしても解決できない場合は、友人の家や公共施設などを利用して一時的にしのぐ方法もあります。

電気開通に関するよくある質問

電気開通に関するよくある質問について回答します。

電気開通の申し込みはいつからできる?

一般的には電気開通の申し込みは、引っ越し予定日の2週間前から可能です。多くの電力会社ではオンラインでの事前申し込みができるため、計画的に手続きを進めることが大切です。繁忙期には時間がかかることがあるので、余裕を持って早めに申し込みましょう。

開通日を変更したい場合の手続きは?

開通日を変更したい場合は、電力会社に連絡をして、状況を説明すれば大丈夫です。電話やオンラインサービスを利用して、手続きを進められます。開通日の変更希望が急な場合は、早めに連絡しましょう。

キャンペーンや割引サービスを利用する方法は?

各電力会社の公式ウェブサイトをチェックすると、新規契約時のキャンペーン情報を把握できます。ネット回線と電気のセット割や、紹介プログラムを通じた割引などがないか確認してみてください。

停電時はどうすればいい?

停電が発生した場合は、安全を最優先に考える必要があります。家の中で使用している電化製品をすべて切って、突然復旧した際の事故や機器の損傷を防げるようにしましょう。暗闇での活動に備えて、懐中電灯やキャンドルなどの非常用照明を準備することも大切です。

まとめ

新生活をスタートさせる際には、電気開通の手続きが欠かせません。旧居での使用停止から新居での電気開始まで、流れをしっかりと把握することが重要です。電力会社選びでは料金プランだけでなく、供給エリア内にあるかも確認してください。

手続きを忘れてしまった場合や、電気がうまく開通しない場合でも、落ち着いて順序よく対応しましょう。
» 一人暮らしの準備

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次