一人暮らしの初期費用を徹底解説!抑えるべきポイントと引っ越し費用節約術

  • URLをコピーしました!

一人暮らしを始めるとき、いくら用意すればいいのでしょうか

この記事では、一人暮らしの初期費用の内訳と、費用の節約方法について解説します。記事を読むと、無駄な出費を減らして一人暮らしを始められます。

一人暮らしの賃貸契約の初期費用は、家賃の4~6か月分が相場です。家具家電の購入費用で10~30万円かかります。引っ越し費用は時期や荷物の量、距離によって変動しますが3~10万が相場です。

目次

一人暮らしの初期費用の相場

一人暮らしの初期費用には、賃貸物件の契約に伴う初期費用、家具家電の購入費用、引っ越し費用が含まれます。

賃貸の初期費用

賃貸物件を借りる際には、以下の初期費用が必要です。

  • 敷金:賃料の1~2か月分
  • 礼金:賃料の1~2か月分
  • 仲介手数料:賃料の0.5~1か月分
  • 保証料:賃料の0.5か月分
  • 鍵交換費用:2~3万円程度
  • 前家賃:賃料の1か月分
  • 保険料:火災保険等、2年で2万円程度
  • 管理費・共益費:月額数千円程度

僕が実際にかかった初期費用についてはこちらをご覧ください!

一人暮らしの初期費用はいくら?<北海道帯広市住みの男がさらしてみた>

家具家電の購入費用

一人暮らしのスタートでは、基本的な家具や家電の購入に一般的に1030万円が必要です。生活に必要なベッドやテーブルセット、冷蔵庫、洗濯機などが含まれます。

コストを抑えるためには、中古品の活用やリサイクルショップでの購入が有効です。レンタルサービスを利用することで、安価に必要な家具や家電をそろえられます。インターネットでの一括購入やセット販売の利用は、個別購入よりも割安な場合が多くあります。

大型家電の購入時には、配送や設置にかかる追加費用を考慮することが大切です。短期間の一人暮らしを予定している学生や単身赴任の方は、家具家電付きの物件を選択することも良い選択です。

引っ越し費用

一人暮らしの引っ越し費用は、引っ越し業者の選定方法やサービス内容によって変動します。単身の場合は平均で3~10万円程度ですが、距離と荷物の量が費用に大きく影響を与えます。

引っ越しの曜日や時期も費用が変わる要因です。梱包や家具の設置などのオプションサービスもトータルの費用に影響します。保険やキャンセルポリシーに関連する費用も忘れずに確認することが大切です。

費用を理解し、計画的に引っ越しを進めることで無駄な出費を防ぎ、スムーズな一人暮らしが始められます。

一人暮らしのスタートに必要な家具家電リスト

一人暮らしの生活を快適に送るために、下記の家具や家電の準備が必要です。

  • カーテンまたはブラインド
  • 衣装ケース
  • ベッドまたは布団
  • 枕と寝具類
  • テーブル
  • 椅子
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • クッキングヒーターまたはガスコンロ
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • 照明器具(天井やデスクランプ)
  • テレビ

上記の家電以外にも季節や地域に応じて、エアコンや扇風機、ヒーターも用意する必要があります。

一人暮らしの賃貸の初期費用を抑える方法

一人暮らしを始める際、賃貸の初期費用の負担を抑えるために以下の方法があります。

  • 敷金礼金がかからない物件を選ぶ
  • フリーレント物件を選ぶ
  • 仲介手数料が低い業者を選ぶ
  • 不要な初期費用は断る

敷金礼金がかからない物件を選ぶ

一人暮らしを始める際には、敷金や礼金がかからない物件を選ぶことが重要です。初期費用を大きく削減でき、経済的な負担を減らせるからです。

不動産サイトで「敷金0円」「礼金0円」と条件を設定して検索すれば、物件を簡単に探し出せます。新築や築浅の物件で敷金や礼金が不要なケースもあるため、ターゲットにすることをおすすめします。しかし注意が必要なのは、敷金礼金が不要の物件が家賃が少し高い場合もあることです。

トータルコストを考慮して物件選びを行いましょう。

フリーレント物件を選ぶ

一人暮らしの初期費用を抑えたいとき、フリーレント物件を選ぶのは賢い方法です。フリーレントとは入居初期に家賃が無料、または割引される特典のことです。

特に新築のアパートやマンションなど、入居率向上が必要な物件に提供されます。フリーレント物件を選ぶ際は特典期間だけでなく、家賃や契約条件に注意が必要です。フリーレント期間終了後に引っ越すことで、長期的に見て住居費を節約できる可能性があります。

フリーレント物件は、初期費用の節約だけでなく、将来の住居費も考慮したうえで選択しましょう。

仲介手数料が安い業者を選ぶ

一人暮らしの賃貸を探す際には、仲介手数料を抑えることが節約につながります。仲介手数料が相場より低い、または無料で提供している業者を選ぶと、初期費用を抑えることが可能です。

インターネット上の仲介手数料比較サイトを利用すると、さまざまな業者を一度に比較できます。大家や管理会社から直接契約を行う場合、仲介手数料が発生しないこともあります。

不要な初期費用は断る

一人暮らしの際には下記の不要な初期費用は断ると、出費を最小限に抑えることが可能です。オプションサービスは、本当に必要かどうかをよく考える必要があります

入居時に行われるクリーニング費用や、インターネットを設置する費用の必要性などを考慮しましょう。家具や家電のレンタルサービスは便利ですが、長期になると購入したほうが費用を抑えられる場合もあります。

保証会社の利用料についても、交渉すると料金を下げられる場合があります。
» 一人暮らしの部屋探しのポイント

一人暮らしの引っ越し費用を抑える方法

一人暮らしの引っ越し費用を抑えるためには、以下の方法が有効です。

  • オフシーズンを狙う
  • 相見積もりをとる
  • 梱包作業を自分で行う

オフシーズンを狙う

引っ越し費用を節約する方法は、オフシーズンを狙うことです。春や秋の繁忙期を避けた冬や夏の中旬以降には、引っ越し業者も比較的空いており、料金が割安になる傾向があります。オフシーズンには、引っ越し業者が割引キャンペーンや特典を提供しているケースが多いです。

相見積もりをとる

引っ越し費用を節約するには、複数の業者から相見積もりを取ることが有効です。それぞれの引っ越し業者に見積もりを依頼し、提供されるサービスとコストを比較します

業者と価格交渉を行う際にも、相見積もりを行っていることを伝えると、交渉の余地が生まれます。見積もりを比較する際には、業者が同じ条件で見積もりを提出していることが重要です。

引っ越しの詳細情報を業者に伝え、予想外の追加料金を防ぎつつ、予算内で最適なサービスを選びましょう。

梱包作業を自分で行う

梱包作業を自分で行うことは、引っ越し費用を抑える有効な手段です。引っ越し会社に梱包を依頼する代わりに、自分で行うことでコスト削減ができます

梱包をするために段ボールやガムテープ、プチプチなどを事前に用意します。壊れやすい品物は、プチプチや新聞紙で丁寧に包むことが大切です。本や食器などの重たい物は、小さめの段ボールに分散して梱包しましょう。洋服は圧縮袋を使用してスペースを節約します。

段ボールには中身を記載し、後で探しやすくする工夫も必要です。梱包作業には時間がかかるため、引越しの数日前から準備を始めることが重要です。

まとめ

一人暮らしを始める際には、多くの初期費用がかかります。賃貸契約の初期費用が家賃の4~6か月分です。家具や家電の購入に、10~30万円程度かかります。単身の場合、引っ越し費用は3~10万円程度です。

一人暮らしの初期費用を抑えるために、敷金や礼金が不要な物件、フリーレント期間がある物件を活用しましょう。仲介手数料の安い不動産業者を選び、不要な初期費用は断ることでコスト削減ができます。

引っ越し費用を削減するためにはオフシーズンを狙う、相見積もりをとる、梱包は自分で行うなどの工夫が効果的です。初期費用を賢く節約することで、スムーズに一人暮らしを始められます。
» 一人暮らしの準備

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次