一人暮らしの引っ越し費用|予算内に収める節約術を徹底解説

  • URLをコピーしました!

一人暮らしで引っ越しを検討する方は「費用相場はいくら?」と、気になることでしょう。この記事では、一人暮らしの引っ越し費用の相場から内訳、節約方法までを解説します。

引っ越し費用を抑えるなら、閑散期を狙うのも1つの手段です。この記事を読めば、一人暮らしの引っ越し費用を安くするノウハウが身につけられます。

目次

一人暮らしの引っ越し費用相場

一人暮らしの引っ越し費用相場

一人暮らしの引っ越しにかかる費用の相場については、以下の項目ごとに解説します。

  • 通常期
  • 繁忙期
  • 地域別
  • 距離別

通常期

通常期の一人暮らしの引っ越し費用の相場は、約30,000~80,000円程度です。通常期の引越し費用を安くするポイントは以下のとおりです。

  • 平日であれば週末よりも料金が安くなることがある
  • 引っ越し業者のキャンペーン時期に合わせると割引が適用されることがある
  • 自分で梱包や荷解きを行うセルフサービスプランの利用で料金を抑えられる

オプションサービスを利用する場合は追加料金がかかります。梱包材の提供や大型家具の取り付けなどが該当します。

繁忙期

繁忙期の一人暮らしの引っ越し費用は、通常期に比べて約10~30%の割増料金が発生するため注意が必要です。引っ越し繁忙期の特徴は以下のとおりです。

  • 2~4月、8月末~9月初旬が該当する
  • 土日祝日や月末月初は特に料金が高くなる
  • 引っ越し業者の予約が埋まりやすく、料金が高騰する

新学期や新年度の始まりにあわせて、引っ越しの需要が高まります。土日祝日、月末月初、ゴールデンウィーク前後は料金が高くなりやすいため、予約を早めにすることが重要です。

地域別

地域別に見た一人暮らしの引っ越し費用の相場は以下の表になります。

地域平均価格
東京都70,000~100,000円
大阪府65,000~95,000円
福岡県60,000~85,000円
北海道70,000~110,000円
沖縄県80,000~120,000円

田舎や地方都市では平均で50,000〜70,000円となることが多いです。地域の物価や交通アクセス、引っ越し会社の数などによっても費用は左右されます。

都市部は引っ越しの需要が高く、多くの引っ越し会社が競争しており、価格を比較しやすい環境です。一方、北海道や沖縄県は交通費や運搬費の影響を受けやすく、引っ越し費用が高くなります

地域による引っ越し費用の違いを理解することは、予算を決めるうえで重要です。

距離別

距離別に見た一人暮らしの引っ越しの運搬費用は以下の一表です。

距離平均費用
2km以内15,000〜25,000円
5km以内20,000〜35,000円
10km以内25,000〜45,000円
10km以上50km以内35,000〜60,000円
50km以上100km以内45,000〜80,000円
100km以上60,000〜100,000円以上

運搬費用は距離が長いほど燃料費や人件費が必要になるため、料金が高くなります。

例えば、同一都道府県内の引っ越しは20,000〜50,000円。都道府県を越える引っ越しは30,000〜70,000円以上が一般的です。

北海道や沖縄など離島への移動は、特に料金が高くなる傾向にあります。

ダイキ
ダイキ

僕が実際に引っ越しをした時の費用などはこちらで書いてます!

実家から一人暮らしする引っ越しの流れは?費用はいくらかかる?<北海道住みの男が解説してみた>

一人暮らしの引っ越し費用の内訳

一人暮らしの引っ越し費用の内訳

一人暮らしの引っ越しにかかる費用の内訳は以下の項目になります。

  • 引っ越し料金
  • 賃貸物件の初期費用
  • 家具・家電
  • 旧居の退去費用

引っ越し料金

引っ越しにかかる費用は、利用する引っ越し会社によってもさまざまです。引っ越し料金を左右するポイントは以下のとおりです。

  • 引越し会社の基本料金
  • 距離による料金の変動
  • 荷物の量や大きさによる料金の変動
  • オプションサービスの有無による料金の変動

基本料金にはトラックのレンタル料や作業員の人件費が含まれています。引越しを行うタイミングも重要です。繁忙期は料金が割高になる傾向があり、週末や祝日、指定された時間帯には料金が上がることがあります。

見積もりでおおよその金額は判明しますが、当日に追加料金が発生する可能性があるため注意が必要です。

賃貸物件の初期費用

一人暮らしの引っ越し費用に賃貸物件の初期費用は、大きく関与します。賃貸物件の初期費用の概要は以下の一覧です。

項目詳細
敷金損害保証金としての前払い費用
(一部返還されない場合あり)
礼金貸主への謝礼として非返還の一時金
仲介手数料不動産会社に支払う手数料
(賃料の1ヶ月分が相場)
保証会社利用料保証人不要の場合に利用するサービスの費用
前家賃契約時に翌月分の賃料を前払いする費用
鍵交換費用前の入居者が使用していた鍵と交換する費用
保険料火災保険などの入居者が保険に加入する費用
共益費・管理費共有部分の維持管理に必要な費用
初回のみの設備使用料エアコンやガスコンロなどの初期設定費用
クリーニング費用入居前の物件清掃費用
(退去時にも発生する場合あり)

上記の表を参考に賃貸物件の初期費用を確認し、引っ越しにかかる費用を計算しましょう
» 一人暮らしの初期費用

家具・家電

一人暮らしの引っ越しに必要な家具・家電は以下のようになります。

  • ベッドやマットレス
  • 冷蔵庫や洗濯機
  • ソファやテーブル
  • 調理器具や食器
  • 掃除機やアイロン

家具・家電の購入費用は新生活において避けられない出費です。自分に必要なアイテムだけ選び、トータルの引っ越し費用を抑えましょう。

旧居の退去費用

一人暮らしの引越しでは、退去費用についても考慮する必要があります。退去費用にかかる主な費用は以下のとおりです。

  • 退去時のクリーニング費用
  • 修繕費用
  • ゴミ処理費用
  • 不用品回収費用
  • 鍵交換費用

退去費用は一律ではなく、物件や状態によって異なるため、管理会社や大家さんとの契約内容を確認することが重要です。引っ越し業者ではエレベーターがないなどによる追加料金も発生する場合があるので、事前に見積もりを取りましょう。

一人暮らしの引っ越し費用を抑える方法

一人暮らしの引っ越し費用を抑える方法

一人暮らしの引っ越し費用を抑える方法は以下のとおりです。

  • 相見積もりをとる
  • 閑散期を狙う
  • 午前中を避ける
  • 荷物の量を減らす
  • 宅急便を使う

相見積もりをとる

相見積もりをとることは、引っ越し費用を抑えるのに有効な手段です。相見積もりをとることで、相場費用が把握でき適正価格での引っ越しが実現します。

相見積もりをとる際の具体的なステップは以下のようになります。

  1. 複数の引っ越し業者に見積もりを依頼する
  2. 競合する引っ越し業者の料金を比較する
  3. 業者間で価格交渉の余地を持たせる
  4. コストパフォーマンスの良い業者を選択する

閑散期を狙う

一人暮らしの引っ越し費用を抑えるなら閑散期を狙うことが有効です。引っ越しの閑散期は以下のとおりです。

  • 11~12月
  • 1月下旬~2月上旬
  • 6月~9月

引っ越し業者は閑散期に割引キャンペーンを実施することが多く、料金交渉の余地も増えます。繁忙期と比べてスケジュールが柔軟になるため、希望する日時に予約しやすいというメリットもあります。

コストを抑えながらスムーズな引っ越しを実現するためにも、閑散期を狙いましょう。

午前中を避ける

午前中を避ける

一人暮らしの引っ越し費用を抑えるうえでは、午前中を避けることもポイントです。午前中を避けるメリットは以下のとおりです。

  • 競争率が低くなり料金交渉しやすい
  • 午後や夕方の時間帯は割引が適用されるケースがある
  • 時間に柔軟性を持つことで引越し業者とのスケジュール調整がしやすくなる

多くの引越し業者は午前中の料金を高く設定しています。多くの人が予約する午前中を避けると、競争率が下がります。結果として料金交渉がしやすくなるため、コストの削減につながるでしょう。

荷物の量を減らす

一人暮らしの引っ越し費用を抑えるには、荷物の量を減らすことが有効です。荷物を減らすときは、以下の方法を参考にしてください。

  • 不要な衣服や雑貨を事前に処分する
  • 売れる家具や家電はオークションやフリマアプリで売却する
  • 寄付やリサイクルショップを利用して物を減らす
  • 使用頻度の低いものは保管サービスを利用する

無料の引取サービスを使って、コストをかけずに不用品を処理するのも一つの方法です。知人や友人に譲るのもよいでしょう。

引っ越し時の荷物を効率的に減らすことで、経費を節約することが可能になります。
» 引っ越しの荷造りに必要なものと梱包方法を解説

宅急便を使う

一人暮らしの引っ越し費用に予算が限られている場合は、宅急便がおすすめです。宅急便を利用することで、大型トラックでの引っ越しよりもコストが下げられます小物や衣類など軽量な荷物は宅急便で送ることで、引っ越し費用の節約が可能です。

宅急便会社のプランによりますが、複数の荷物を送る際に割引が適用されることもあります。ただし、重い家具や大型家電は宅急便では運送できないため、引っ越し業者への依頼が必須です。

宅急便のメリットでは、時間指定が可能であることも挙げられるでしょう。

まとめ

まとめ

一人暮らしの引っ越しは、さまざまな要因によって費用が変わります。通常期や繁忙期、住む地域や移動距離によっても費用は変動します。

費用を抑えるためにも、事前に相場を把握しておくことが重要です。引っ越し費用に関する知識を身につければ、ムダな支出を防ぎつつスムーズな引っ越しが実現できるでしょう。
» 一人暮らしの準備

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次